一般社団法人 日本マンション管理士会連合会

管理組合損害補償金給付制度

  • HOME »
  • 管理組合損害補償金給付制度

はじめに

管理組合損害補償金給付制度は、管理組合樣がマンションの管理運営について第三者管理者方式を採用するうえで、安心してマンション管理士に委託することができるように設けられた制度です。
役員のなり手不足、管理費等の収支の悪化、特に修繕積立金の不足が表面化し、ますます難しい問題が生じてきていることから専門家への期待が高まっています。一方、専門家に委託する上で、そのルールの希薄さや専門性の担保(財産的裏付け)などが課題となり、より信頼性を高めることが要望されています。
マンション管理士が第三者管理者や組合資金の口座印を預かる業務を遂行する際、管理組合財産の保全について、マンション管理士賠償責任保険では、管理費等の着服等の不正行為は保険適用外となっています。
そのようなことから、専門家として一層の信頼性を提示することができるように、日本マンション管理士会連合会(以下「連合会」という。)はこれらの諸問題を解消すべく独自な制度を構築しました。本制度により、従来のマンション管理士賠償責任保険(マンション管理士の業務につき行った行為に起因してマンション管理士が、管理組合や第三者に損害賠償請求された場合の損害を補償します。)では填補されない不正行為による管理組合様の財産損害についても補償が可能となります。

運用上の注意

ご案内にあたりまして、金銭的な事故が可能な限り起こりえないように、厳格な仕組みとしていることをご理解願います。具体的には、出納会計支払業務はマンション管理業者に委託することを義務づけ、保管口座の届出印を本制度指定の印に変更し、業務を実施します。

 

1.制度の対象 ★ 本制度の対象となるマンション管理組合樣
 認定マンション管理士が役員を受託する管理組合樣すべてが対象となります。
 ただし、次の場合は除きます。
 *認定マンション管理士とは、連合会の厳格な研修と効果測定を受け、第三者管理者としてその能力を連合会に
  よって認定された者です。
 ➀ 認定マンション管理士が、当該管理組合樣の区分所有者である場合
 ➁ 当該管理組合樣が、以下の手続きをされていない場合
  ・「管理組合損害補償金給付制度に関する重要事項確認書兼同意書」、直近の収支報告書及び通帳
   の写しの提出
  ・管理組合樣の出納会計支払業務のマンション管理業者への委託(通帳管理を含む)
  ・資金の保管口座の届出印の変更(当連合会指定の印)及び連合会に当該届出印の預け
  ・連合会に管理会社が保管できない有価証券の預け
  ・補償証明書受領証の提出
 ➂ 管理組合員樣が、組合資金の口座印を保管している場合

2.補償内容
 本制度を利用する認定マンション管理士の不正行為により、管理組合樣が金銭的損害
 を被った場合は、一億円を限度に、連合会が損害補償金を給付いたします。
 *不正行為とは、管理組合樣の所有する金銭に対する窃盗、強盗、詐欺、横領等の侵害行為をいいます。

 本制度は、マンションの適正な管理の推進と管理組合財産の保全を図る極めて有効な制度です
 ので、是非、多くの管理組合様のご理解と本制度のご利用をお願いいたします。

 

ダウンロードファイル

マンション管理組合損害補償金給付制度パンフレット(pdf形式)

電話でのお問合せ先 TEL 03-5839-2841 受付時間 10:00 - 17:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © 日本マンション管理士会連合会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.